漢検2級に196点で合格した際の勉強法を紹介しています。実際の筆者の体験談になりますので、漢検2級の合格を目指している方は参考にしていただければ幸いです。

漢検2級過去問対策-漢字の書取

漢検2級の合格へ向けて、最後は漢字の書き取り問題になります。

漢字の書取は、漢字検定2級の試験問題の中でも、2点×25問=50点と全体に占めるウェートは非常に大きいものになるので、漢検2級対策の中でも、最も重要視すべき問題ともいえます。

漢字の書き取りに関しては、基本がしっかりしていればある程度正答できる問題ばかりです。そのため、普段からどれだけしっかり勉強をしているかという当たり前のことが大きな鍵になります。

簡単な勉強法というのはないと思いますが、「漢字学習ステップ 2級」をしっかりマスターしていれば、大体の問題は解けると思います。

書き取り問題に限らず、問題集や過去問を何度も繰り返し解いて覚えるという、誰にでもできる当たり前のことを、面倒くさがらずに当たり前にこなせるかどうかが、漢検2級に合格できるか否かの別れ道になるでしょう。

基本的な勉強法ですが、無理をせず自分のできる範囲で取り組んでもらえればと思います。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0