漢検2級に196点で合格した際の勉強法を紹介しています。実際の筆者の体験談になりますので、漢検2級の合格を目指している方は参考にしていただければ幸いです。

漢検2級過去問対策-対義語 類義語

漢検2級の合格へ向けて、次は漢字検定2級過去問から、対義語と類義語の対策に入りたいと思います。疲れてきた際は、無理せず一息入れてから取り組むようにしましょう。

漢検2級の対義語・類義語は、問題の意味を理解した上で、それに当てはまる対義語または類義語を予め用意された読みの中から選んで、漢字で書き記すというもの。ちなみに、対義語は反対の意味の言葉、類義語は同じような意味の言葉です。

書き取り問題でもあるので大変といえば大変ですが、予め用意された読みの中から選べばいいので何とかしたいところ。漢字検定2級の試験問題のうち、合計20点の問題なので馬鹿にはできません。

取りかかる際のポイントとしては、やはり熟語の意味をわかっているかどうかにかかっています。四字熟語のように丁寧にやる必要はないと思うので、以下のようにノートに記入していきます。

【例】
<ノートの右側>   <ノートの左側>
新奇の対義語     陳腐
チンプ

完璧にやりたいという場合は、ノートの右側の読みを書かないで答えられるようにしてみましょう。できなかった問題は、繰り返し解いてマスターしていくことが大切な漢検2級の勉強法になります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0