漢検2級に196点で合格した際の勉強法を紹介しています。実際の筆者の体験談になりますので、漢検2級の合格を目指している方は参考にしていただければ幸いです。

スケジュールを組む(1)

漢検2級の問題集を購入したら、次にスケジュールを組んでいきます。漢字検定2級の勉強法で、スケジューリングは漢検2級の合格へ向けて大切なステップになりますので、怠らずに行っていきます。

予定を組むという作業は面倒といえば面倒なので、ついおろそかにしてしまいがちですが、目標を明確にし、その目標を達成するためにはどうすればいいかをわかりやすくするために、大切な作業となります。

予定を組まずにだらだらと勉強していても、あまり効率は上がりません。何となく勉強していても、何となくの結果しか出てこないことは、多くの人が経験しているのではないでしょうか。

それでは、まず漢検2級をいつ受けるのか、試験日を確認しましょう。2015年現在、漢検の試験は年に3回行われています。公式ページ等で試験日を確認し、もちろん申込も忘れずに行っておきます。

試験日が決定したら、そこからどのくらいの時間が取れるのかを逆算して考えていきます。学生の方、社会人の方、その他人によって1日に勉強に充てられる時間は変わってきます。また、同じ問題を解く場合でも、人それぞれで問題に掛かる時間も変わってくるでしょう。自分自身の能力も考慮しながらそれぞれ考えてみましょう。

関連記事

  1. スケジュールを組む(3)
  2. スケジュールを組む(2)
  3. 漢検2級問題集の購入


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0