漢検2級に196点で合格した際の勉強法を紹介しています。実際の筆者の体験談になりますので、漢検2級の合格を目指している方は参考にしていただければ幸いです。

漢検2級の合格を目指している方へ

当サイト『漢検2級 合格のための勉強法』では、筆者がどのようにして漢検2級の試験で196点を獲得したのか、その勉強法・対策を紹介しています。

わかりやすくするため、段階ごとに第1ステップ、第2ステップ、第3ステップと区分けしました。第1ステップから順番に漢検2級の勉強法を参考にしていただければと思います。


漢検2級 196点で合格した勉強法 の 最新情報

ユーキャンの漢字検定合格講座

これまで、問題集と過去問に取り組むことで、漢検2級の合格を目指す勉強法を紹介してきました。

確実に力を付けていくことができると思いますが、愚直に取り組んでいく方法なので、その分効率はあまり良くありません。

そのため、学校や仕事で毎日が忙しく、なかなか時間が取れないという方には少し厳しいやり方なのかもしれません。

漢検2級過去問対策-漢字の書取

漢検2級の合格へ向けて、最後は漢字の書き取り問題になります。

漢字の書取は、漢字検定2級の試験問題の中でも、2点×25問=50点と全体に占めるウェートは非常に大きいものになるので、漢検2級対策の中でも、最も重要視すべき問題ともいえます。

漢検2級過去問対策-送りがな

漢検2級過去問対策、次は送りがなです。送りがなの問題は、漢字の書き取りとあわせて正しい送りがなも記述しなければいけません。

漢検2級過去問対策-誤字訂正

次は、漢字検定2級試験問題の中でも難しい部類に入るのではないかと思われる、誤字訂正に入りたいと思います。

漢検2級の誤字訂正に関しては、文章の中で間違って使われている漢字を見つけて、それを正しい漢字で書き記すという難易度の高い問題です。

漢検2級過去問対策-同音 同訓異字

漢検2級対策、次は過去問題集から同音・同訓異字についての勉強法を説明したいと思います。合計20点の問題です。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0